無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
二女になっちゃう前に@山下彩花
image1.JPG
名大戦の4×400mR。持ちタイム的には関東インカレの標準記録を切れそうだったけれど、気温は低く、メンバー全員複数種目をこなした後だったから切れるか切れないか微妙なラインだった。また全員1年以上マイルを走ってない中での一発勝負だった。それでも、皆で気持ちを合わせて標準を切れた時、もしかしたら津田女はすごい力を持っているんじゃないかと思った。勢いというか、勝負強さというか。


改めてフィールド1年の山下彩花(走高跳)です。

入部して約9ヶ月が経ちますが、最初に感じたのは津田塾の存在感が少し小さいところでした。(失礼と感じたらごめんなさい。) 確かに、人数も少ないし実力も一橋ほどないから仕方ないのかなとは思いました。それでも一人一人は練習に対して真面目で陸上に対して何かしらの思いはあるように見えました。

津田塾陸上部としての存在感をもっと大きくしたい。もう一度、陸上をする喜びを味わいたい。
そういう思いでこの冬は練習をしてきました。

一つ反省しているのはもっと部員の皆さんを気にかけられたことです。特に、高校で陸上を本格的にやってきた身であるならやってない人をもっとサポートするべきだったなと思います。まずは自分が結果を残さなくてはと焦っていました。ごめんなさい。


この一年は共に陸上をする仲間がいることの大切さを感じた一年でした。
津田塾、一橋の皆さんのおかけで私は入部してからやりたいように練習をさせていただいています。競技面でもそれ以外でも本当に感謝しています。

沢山言葉もかけていただきました。“目標が遠くても努力は続けて欲しい” “競技者として部員としてのふるまいを身につけることが大事” “納得いくようにやるのが一番良いよ” “お互い頑張ろ”
中でも「期待してるよ」と声をかけられたことが多かった気がします。

「期待してるよ」と言われてプレッシャーに感じたことはありません。
皆さんが何気なくかけてくださった言葉やしてくれたことが今の私の一番のモチベーションです。いつもみていてくれる人がいることが幸せで、ものすごくありがたいことなのだと感じています。同時に、応援してくれる人たちを裏切るようなことはしてはいけないと思っています。

これからの二ヵ月が自分の中で一番の勝負所だと思っています。マイルも走高跳も。関カレを走れる機会は滅多にないし、名大戦で一緒に切ってくれた二人のためにも関カレではベストな走りを絶対しようと思っています。周りが見えなくなることもあるかもしれませんが、できる限り皆さんと競技のこととか色んな話をしたいです。(もし周りが見えなくなってきていたら遠慮せず怒ってくださいm(_ _)m)

これからの二ヵ月が楽しみでありながら怖くもあります。今も不安は沢山あります。でもやるしかない。

強く望むのは高校の引退試合で161cmを跳んだ自分をこえること。そして津田塾陸上部の存在感を少しでも大きくすること。

長々語らせていただきましたが、今自分が一番伝えたいことを書かせていただきました。



最後に…
| 部員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tsuda-tf.jugem.jp/trackback/426