無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
東大戦

最後の東大戦が終わってしまいました。

まずは結果。
     
 
      1位   2位   3位
トラック  東大36 津田22  一橋4
フィールド 東大22 津田14  一橋0
総合    東大58 津田36  一橋4


個人の結果。
100 13"95(+1.3)3位
400 76"38 4位
1500 6'03"99 5位
4継 2走 59"40 2位
幅 4m31(-0.2) 3位
砲丸 6m16 3位


最後の東大戦はあっという間に終わってしまった。
本当に何かを考える間もなく終わってしまったという感じ。
対校で出させていただいているのに本当に申し訳ない結果に終わってしまい、沢山応援していただいたのに何一つ結果を残すことができず、申し訳ありませんでした。

朝の天候は大雨。
グラウンド状況は最悪でした。トラックはほぼ水没、フィールドピットも競技ができる状態ではありませんでした。
グラウンドを見た時は試合ができるとは思えない状態ですぐに大会総務と話し合いになりました。

朝8時30分段階では中止や縮小もやむを得ないとの判断で東大部員が水をはくなど試合ができるようにグラウンド整備をしてくれました。
その結果、雨もやみ9時半段階で大会は全種目予定通り実施との結論に至り最後の東大戦が始まりました。

100から始まったこの試合、記録の面でも順位の面でも全種目去年を下回る結果に終わりました。
東大生誰ひとりに勝つことができず、100以外最下位。
これが4年間走り続けた最後の東大戦の結果。

どの種目も優勝は遠く及ばず、惜しいという競技は1つもない。


去年よりも厳しい戦いになるっていうのは最初からわかっていた。
練習量も去年より圧倒的に減っていたと思うし、体力的にも去年より落ちている。
そんな中で出た東大戦。

全種目出るのは自分にとってキツイのはわかっていたけれどとにかく"東大戦"に悔いを残したくなかったからやるだけやりたかったから出た。
記録にはもちろん満足していないけれど、今の自分の力を出し切った結果だから出たことには後悔していない。

怪我のリスクは自分でも少しはわかっていた。
でもその中で1500も走って、その後400も走ったことも後悔していない。
後悔したくないから400も最後まで走りきった。
全てを出しつくしたかったから。


来週は名大戦。
これが本当に最後の対校戦。
4年間やってきたすべてを出して対校戦に悔いを残さずに終わらせたい。

名大戦では100,400、幅、砲丸、4継に出ます。
当日は少しでも走れる状態にもっていきます。



暑い中、東大まで来て下さり応援して下さったOBOGの皆様ありがとうございました。
応援、サポートをしてくれた部員のみなさん、ありがとう。

そして何よりも4継OPでバトンを繋いでくれたほのみ、ひかる、ありがとう!

| 部員 | 試合 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。