無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
東大競技会

本日は東大競技会に出場してきました。

100m:14"01(0.0)
400m:65"42

何とも言えない結果に終わりました。
情けない限りです。

まずは400から。
400はアウトレーンからのスタートでした。
スタートから最初の100は気持ちよく入れて自分のもう一つ外側を走る増田さん(東大2)をすぐにとらえることができました。
ちなみに、増田さんとは2年生の時の東大戦の400対校で一緒に走りました。
この時は私が67”64で3位、増田さんが68"71で4位でした。

増田さんを思いのほか早くとらえることができ100〜200の直線は気持ち良く入ったスタートを生かし楽に走ることができました。
特に何も考えなくても足が勝手に進むといった感じでした。

そして200〜300では前半楽に入ったので少し上げたかったのですがラストで割れるのを恐れキープすることを考えてしまいました。
この時点でインレーンの選手も全く見えておらずほぼ独走でした。

いつも400を走ると200〜300で割れはじめますが、今日は前半からかなり楽に走れていました。

そしてラストの100ですが、ここで力を出したいところですがなかなかあげられませんでした。
別に割れていて足が動かなかったわけではないのですが、スピードを出すこともできず、ラスト50あたりでインレーンの選手が見えてきて先頭でゴールしたいという気持ちがありここから少し上げられた気はします。

結果走り終わった後に若干の余力が残る形になりもう少しいけたといった感じが残りました。

このレースでは言い訳となりますが前半から競り合う相手がいればもう少し記録を出せたと思います。
ただ、個人的にはかなり楽に走れて65秒台なので良い感覚はつかめています。
あとはレースになれることが必要です。


100については言いわけも何もありません。
情けない限りです。
スタートからただなんとなく100mを走りきっただけといった感じです。
ただ、東大の方から言われたのはスタートの飛び出しは良かったと。
昨年まではスタートの出遅れがひどかったのでそれと比べれば最近の練習のお陰かスタートの出遅れはなかったと思います。
ここが唯一良かった点かもしれません。

14秒台を出してしまい情けない限りです。
1からやり直します。


今日のレースは自分の区切りをつけるためのレースでした。
ここで一区切りとなります。

区切りとなるレースがこんな結果で複雑な気持ちですが、これから新たな一歩を踏み出します。


応援して下さったみなさん、ビデオを撮ってくださったマネージャーさんありがとうございました!

| 部員 | 試合 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。